ワインに関するEUの品質分類『A.O.P.』と『I.G.P.』ラベル表記の勉強法

NO IMAGE

f:id:yumemiraitunagu:20200420051520j:plain

こんにちわ!フィラーノです!

今回は少し難しいお話ですが
ワインに関するEUの規則についてです。

『A.O.C』とか『D.O.C.G.』といった品質分類について説明していきます。
それぞれ国によってワイン法による品質分類を覚えるのも大変だし、
私も最も苦手なジャンルでした。

しかしこの項目はソムリエ試験ではかなり出題傾向が高めです。
苦手意識から勉強しないとここで大きく点数を落としかねません。

今回は解りやすく重要な項目を抜粋しましたのでここを把握しておくだけでも
ソムリエ試験で有利に働くはずです!

短めにまとめましたのでしっかり覚えましょう!

◎ ワインに関するEUの品質分類


EUでは2009年に新たなワイン法を発行した。

ワインは『地理的表示ワイン』『地理的表記の無いワイン』に大別される。

『地理的表示ワイン』は更に『A.O.P.』と『I.G.P.』に細分化される。

地理的表示のないワインは『品種』『収穫念』の表記が可能になった。

◎『A.O.P.』と『I.G.P.』の定義

A.O.P.とは

A.O.P.=原産地呼称保護
(Appellation dOrigine Protegee)

・品質と特徴が特殊な地理的な環境に起因する。
・指定地域内で栽培された葡萄を使用する。
・生産は指定地域内で行う。
・原料はヴィティスヴィニフェラのみ使用可能。

I.G.P.とは

I.G.P.=地理的表示保護
(Indication Geographique Protegee)

・生産地に起因する品質、名声、特徴がある。
・指定地域内で栽培された葡萄を85%以上使用する。
・生産は指定地域内で行う。
・原料はヴィティス・ヴィニフェラ又は同種と多種の交配品種。

【☑ポイント】
A.O.P.の方がより厳格な規定が定められている。
『A.O.P.』と『I.G.P.』の違いはしっかり把握しておこう!

◎ラベル表記について

2009年より、新たなワイン法で下記の義務事項が定められた。

 【記載義務事項】 

・ 製品のカテゴリ― (例:ワイン、VDL)
・ AOPとIGPのワインはその表記と名称
・ アルコール度数
・ 原産地
・ 瓶詰業者名
・ スパークリングワインは残糖度の表示

 【任意記載事項】 

・ 収穫年  (その年の葡萄を85%以上を使用する事。)
・ ブドウ品種 (単一品種表記の場合85%以上が必要。)
 ※2種類以上記載の場合は使用されている品種を全て表記、
  また割合が多い順に記載する。
・ AOPとIGPのシンボルマーク
・ 生産法に関する記述

【☑ポイント】
ここは確実に試験に出ると言っても過言でない位出題頻度が高い!
『義務事項』と『任意事項』に分けて把握しておこう!

◎EU加盟国の品質分類

f:id:yumemiraitunagu:20200420043500p:plain
今回は解りやすくひとまとめにしてみました。
全てを暗記する必要はありませんが、フランス・ドイツ・イタリアあたりは上から下まで全て覚えておいた方が良い。

フランス … A.O.C. 原産地統制名称ワイン 

ドイツ  … Pradikatswein 生産地限定格付け上質ワイン

イタリア … D.O.C.G 保証付原産地統制名称ワイン

【☑ポイント】
地理的表示の無いワインは呼び名が違うだけでほぼ一緒、
『A.O.P.』と『I.G.P.』の違いはしっかり把握しておこう!
特に各国の『A.O.P.』はしっかり把握しておこう!

◎まとめ

今回はEUの品質分類について説明させいて頂きました。
最初は少し戸惑うかも知れませんが、
各国の勉強をする際に頭に入っていると又別視線から学ぶ事が
出来る為、暗記にも役立ちます。

試験では特に、
『A.O.P.』と『I.G.P.』の定義
『ラベル表記』の義務事項、任意事項が
出題傾向が高い為ここは押さえておきましょう!






ブログランキング・にほんブログ村へ

A.O.P.とI.G.P.カテゴリの最新記事